Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
ぎっちゃん
井野町で、雲を見てます。

2015年01月12日

マクドナルドの異物混入~極細の金属片に思う。

学生時代、マクドナルドでアルバイトしていた経験から、異物混入はありました。

多かったのは、髪の毛。

次にあったのは、極細の糸のような金属片。

ハンバーガーに使う ミートパティを グリル(鉄板)で焼くと 鉄板上に焦げ(カーボン)が残ります。

それを 鉄板上から剥がす(こそげ取る)ために、金属の鋭い刃のついたスクレーパーを使います。

木を削るカンナです。

力を入れすぎたり、刃が鋭すぎたりすると 鉄板も削れます。→極細の糸のような金属片が、鉄板上に残ります。

マニュアルでは、
スクレーパーをかけたら、ラバースクレーパーで、後処理をする。

耐熱性のゴムべらで、鉄板上の残り油やカーボンのカス、金属片をグリルサイドの残油受けに捨てます。




こんなに、異物混入で騒がれているのに、

スクレーパーを強くかけすぎたり、ラバーべらを毎回使用していないのは、

今のマクドナルドの現場(店)は昔と比べて おかしいと?

疑問を感じます。

八年前の、24時間営業開始や全店舗のフランチャイズ化による店舗運営→(直営店より、問題点が本社に上がりにくい)

数々の改悪の影響でしょうか…。  


Posted by ぎっちゃん at 13:25Comments(2)つれづれリアル日記